Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - HTML(HyperText Markup Language) - <TD>

・タグの機能
データセルを定義します。

・構成
内容モデル宣言概要
任意選択 :
<P><DL><DIV><NOSCRIPT><BLOCKQUOTE><FORM><HR><TABLE><FIELDSET><ADDRESS>
<H1><H2><H3><H4><H5><H6>
<UL><OL>
<PRE>
<TT><I><B><BIG><SMALL>
<EM><STRONG><DFN><CODE><SAMP><KBD><VAR><CITE><ABBR><ACRONYM>
<A><IMG><OBJECT><BR><SCRIPT><MAP><Q><SUB><SUP><SPAN><BDO>
<INPUT><SELECT><TEXTAREA><LABEL><BUTTON>

タグの省略
開始 → 不可
終了 → 可

DTD(注1)での記述

TD要素宣言
<!ELEMENT (TH|TD) - O (%flow;)* -- table header cell, table data cell-->

・属性
id : HTMLドキュメント内の個々の要素をユニークに識別可能とする属性 class : スタイルシートのスタイルクラスを適用 style : インラインスタイルで、タグにスタイルを適用 title : 説明のためのタイトル lang : 言語コード dir : ブラウザが表示するテキストの方向 onclick : マウスのボタンをクリック(押した後すぐに放す)した場合にイベントが発生 ondblclick : マウスのボタンをダブルクリックした場合にイベントが発生 onmousedown : マウスのボタンを押した場合にイベントが発生 onmouseup : マウスのボタンを放した場合にイベントが発生 onmouseover : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内に進入した際にイベントが発生 onmousemove : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内を移動した際にイベントが発生 onmouseout : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域から離れた際にイベントが発生 onkeypress : キーボードのキーを押した後放された際にイベントが発生 align : 水平方向のデフォルトの位置設定 char : 位置合わせ用文字の指定 charoff : 位置合わせ用文字のためのオフセット値 valign : 垂直方向のデフォルトの位置設定

abbr
属性機能 : セル内のコンテンツを表した略語
省略時値 : IMPLIED

axis
属性機能 : セル内に関連した見出しのリスト
省略時値 : IMPLIED

headers
属性機能 : ヘッダセルとデータセルの関連付け
省略時値 : IMPLIED

scope
属性機能 : ヘッダセルとデータセルの関連付けの形式
省略時値 : IMPLIED

rowspan
属性機能 : セルの縦方向への連結
省略時値 : 1 (整数値)

解説
縦方向へ連結するセル数を指定します。

colspan
属性機能 : セルの横方向への連結
省略時値 : 1 (整数値)

解説
横方向へ連結するセル数を指定します。

DTD(注1)での記述

TD要素の属性定義
<!ATTLIST (TH|TD) -- header or data cell -- %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events -- abbr %Text; #IMPLIED -- abbreviation for header cell -- axis CDATA #IMPLIED -- comma-separated list of related headers-- headers IDREFS #IMPLIED -- list of id's for header cells -- scope %Scope; #IMPLIED -- scope covered by header cells -- rowspan NUMBER 1 -- number of rows spanned by cell -- colspan NUMBER 1 -- number of cols spanned by cell -- %cellhalign; -- horizontal alignment in cells -- %cellvalign; -- vertical alignment in cells -- >

Text(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Text "CDATA">

Scope(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Scope "(row|col|rowgroup|colgroup)">

・サンプルコード
左端の列を見出し列、右4列をデータ列としています。
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <TITLE>テスト</TITLE> <STYLE type="text/css"> <!-- body { font-family: serif; font-size: 14px } --> </STYLE> </HEAD> <BODY> <TABLE border="1" rules="all" cellspacing="0" cellpadding="0"> <COLGROUP span="2" width="100"> <COLGROUP span="2" width="50"> <THEAD> <TR> <TH>h1</TH> <TD>a1</TD> <TD>b1</TD> <TD>c1</TD> <TD>d1</TD> </TR> </THEAD> <TBODY> <TR> <TH>h2</TH> <TD>a2</TD> <TD>b2</TD> <TD>c2</TD> <TD>d2</TD> </TR> </TBODY> <TFOOT> <TR> <TH>h3</TH> <TD>a3</TD> <TD>b3</TD> <TD>c3</TD> <TD>d3</TD> </TR> </TFOOT> </TABLE> </BODY> </HTML>

注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtd より引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。