TOP - HTML - DTD内で定義される主要な引数実体参照 - i18n

<!ENTITY % i18n
    "lang  %LanguageCode; #IMPLIED  -- language code --
    dir    (ltr|rtl)      #IMPLIED  -- direction for weak/neutral text --"
>

<!ENTITY % LanguageCode "NAME"  -- a language code, as per [RFC1766] -->

各要素の属性定義内で使用されています。
使用される際の内容は、次のようになります。

lang
属性機能 : 言語コード
省略時値 : IMPLIED

解説
言語コードは、主要コードおよびサブコードで構成
主要コードは[ISO639]の2文字コード。日本語は"ja"
詳細はW3Cの解説を参照

dir
属性機能 : ブラウザが表示するテキストの方向
省略時値 : IMPLIED

解説
ltr (左から右)
rtl (右から左)


注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtdより引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。


Copyright(C) 2006-2018 CLAYPOT. All Rights Reserved.