Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - HTML(HyperText Markup Language) - <OBJECT>

・タグの機能
アプレットや、各種のプラグインを利用して処理や表示を行うためのオブジェクトを埋め込みます。

・構成
内容モデル宣言概要
任意選択 :
<P><DL><DIV><NOSCRIPT><BLOCKQUOTE><FORM><HR><TABLE><FIELDSET><ADDRESS>
<H1><H2><H3><H4><H5><H6>
<UL><OL>
<PRE>
<TT><I><B><BIG><SMALL>
<EM><STRONG><DFN><CODE><SAMP><KBD><VAR><CITE><ABBR><ACRONYM>
<A><IMG><OBJECT><BR><SCRIPT><MAP><Q><SUB><SUP><SPAN><BDO>
<INPUT><SELECT><TEXTAREA><LABEL><BUTTON>
<PARAM>

タグの省略
開始 → 不可
終了 → 不可

DTD(注1)での記述

OBJECT要素宣言
<!ELEMENT OBJECT - - (PARAM | %flow;)* -- generic embedded object -->

flow(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">

block(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % block "P | %heading; | %list; | %preformatted; | DL | DIV | NOSCRIPT | BLOCKQUOTE | FORM | HR | TABLE | FIELDSET | ADDRESS">

heading(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % heading "H1|H2|H3|H4|H5|H6">

list(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % list "UL | OL">

preformatted(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % preformatted "PRE">

inline(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % inline "#PCDATA | %fontstyle; | %phrase; | %special; | %formctrl;">

fontstyle(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % fontstyle "TT | I | B | BIG | SMALL">

phrase(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % phrase "EM | STRONG | DFN | CODE | SAMP | KBD | VAR | CITE | ABBR | ACRONYM">

special(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % special "A | IMG | OBJECT | BR | SCRIPT | MAP | Q | SUB | SUP | SPAN | BDO">

formctrl(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % formctrl "INPUT | SELECT | TEXTAREA | LABEL | BUTTON">

・属性
id : HTMLドキュメント内の個々の要素をユニークに識別可能とする属性 class : スタイルシートのスタイルクラスを適用 style : インラインスタイルで、タグにスタイルを適用 title : 説明のためのタイトル lang : 言語コード dir : ブラウザが表示するテキストの方向 onclick : マウスのボタンをクリック(押した後すぐに放す)した場合にイベントが発生 ondblclick : マウスのボタンをダブルクリックした場合にイベントが発生 onmousedown : マウスのボタンを押した場合にイベントが発生 onmouseup : マウスのボタンを放した場合にイベントが発生 onmouseover : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内に進入した際にイベントが発生 onmousemove : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内を移動した際にイベントが発生 onmouseout : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域から離れた際にイベントが発生 onkeypress : キーボードのキーを押した後放された際にイベントが発生

declare
属性機能 : オブジェクトの宣言
省略時値 : IMPLIED

解説
宣言を行うのみで読み込みや処理などは行いません。

classid
属性機能 : オブジェクトのURL指定
省略時値 : IMPLIED

解説
読み込むオブジェクトのURLを指定します。
絶対および相対のどちらでもURL指定は可能です。

codebase
属性機能 : 基準URL指定
省略時値 : IMPLIED

解説
オブジェクトの基準URLを指定します。
この基準URLはclassid属性、data属性、archive属性の相対URL指定で利用されます。

data
属性機能 : オブジェクトが処理するデータ
省略時値 : IMPLIED

解説
オブジェクトによって処理されるデータのURLを指定します。

type
属性機能 : データのMIMEタイプ指定
省略時値 : IMPLIED

解説
data属性で宣言したデータのMIMEタイプを指定します。

codetype
属性機能 : オブジェクトのMIMEタイプ指定
省略時値 : IMPLIED

解説
アプレットなどのオブジェクトのMIMEタイプを指定します。

archive
属性機能 : 事前読み込みを行うオブジェクトのURL
省略時値 : IMPLIED

解説
オブジェクトの事前読み込みを行う場合にURLを引用符で囲って記述します。
複数の際は区切りにスペースを使用します。

standby
属性機能 : 読み込み中メッセージの表示
省略時値 : IMPLIED

解説
この属性として指定した文字列をオブジェクトのデータが読み込まれている際に表示できます。

height
属性機能 : オブジェクトの表示用高さ
省略時値 : IMPLIED

解説
オブジェクトを表示する際の高さをピクセル単位で指定します。

width
属性機能 : オブジェクトの表示用横幅
省略時値 : IMPLIED

解説
オブジェクトを表示する際の横幅をピクセル単位で指定します。

usemap
属性機能 : オブジェクトに対してのイメージマップ指定
省略時値 : IMPLIED

解説
<map>タグと<area>タグを利用して、オブジェクト上のクリック位置によるリンクを指定します。

name
属性機能 : オブジェクトのラベルとしての名前指定
省略時値 : IMPLIED

解説
オブジェクトをHTML内のほかの要素から参照する際などのラベルとしての名前を指定します。

tabindex
属性機能 : [tab]キーを押した際にフォーカスの移動する順序
省略時値 : IMPLIED

解説
1以上の整数を指定することによりブラウザのフォーカスを移動させる順序を設定できます。

DTD(注1)での記述

OBJECT要素の属性定義
<!ATTLIST OBJECT %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events -- declare (declare) #IMPLIED -- declare but don't instantiate flag -- classid %URI; #IMPLIED -- identifies an implementation -- codebase %URI; #IMPLIED -- base URI for classid, data, archive-- data %URI; #IMPLIED -- reference to object's data -- type %ContentType; #IMPLIED -- content type for data -- codetype %ContentType; #IMPLIED -- content type for code -- archive CDATA #IMPLIED -- space-separated list of URIs -- standby %Text; #IMPLIED -- message to show while loading -- height %Length; #IMPLIED -- override height -- width %Length; #IMPLIED -- override width -- usemap %URI; #IMPLIED -- use client-side image map -- name CDATA #IMPLIED -- submit as part of form -- tabindex NUMBER #IMPLIED -- position in tabbing order -- %reserved; -- reserved for possible future use -- >

URI(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % URI "CDATA" -- a Uniform Resource Identifier, see [URI] -->

ContentType(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % ContentType "CDATA" -- media type, as per [RFC2045] -->

Text(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Text "CDATA">

Length(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Length "CDATA" -- nn for pixels or nn% for percentage length -->

reserved(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % reserved "">

・サンプルコード
単純に画像を表示します。

使用画像 : img_test.jpg
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <TITLE>テスト</TITLE> <STYLE type="text/css"> <!-- body { font-family: serif; font-size: 14px } --> </STYLE> </HEAD> <BODY> <OBJECT data="img_test.jpg" type="image/jpg"> </OBJECT> </BODY> </HTML>

注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtd より引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。