Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - HTML(HyperText Markup Language) - <INS>

・タグの機能
ドキュメントが編集された際に追加された部分であることを示します。

・構成
内容モデル宣言概要
任意選択 :
<P><DL><DIV><NOSCRIPT><BLOCKQUOTE><FORM><HR><TABLE><FIELDSET><ADDRESS>
<H1><H2><H3><H4><H5><H6>
<UL><OL>
<PRE>
<TT><I><B><BIG><SMALL>
<EM><STRONG><DFN><CODE><SAMP><KBD><VAR><CITE><ABBR><ACRONYM>
<A><IMG><OBJECT><BR><SCRIPT><MAP><Q><SUB><SUP><SPAN><BDO>
<INPUT><SELECT><TEXTAREA><LABEL><BUTTON>

タグの省略
開始 → 不可
終了 → 不可

DTD(注1)での記述

INS要素宣言
<!ELEMENT (INS|DEL) - - (%flow;)* -- inserted text, deleted text -->

flow(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % flow "%block; | %inline;">

block(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % block "P | %heading; | %list; | %preformatted; | DL | DIV | NOSCRIPT | BLOCKQUOTE | FORM | HR | TABLE | FIELDSET | ADDRESS">

heading(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % heading "H1|H2|H3|H4|H5|H6">

list(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % list "UL | OL">

preformatted(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % preformatted "PRE">

inline(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % inline "#PCDATA | %fontstyle; | %phrase; | %special; | %formctrl;">

fontstyle(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % fontstyle "TT | I | B | BIG | SMALL">

phrase(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % phrase "EM | STRONG | DFN | CODE | SAMP | KBD | VAR | CITE | ABBR | ACRONYM">

special(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % special "A | IMG | OBJECT | BR | SCRIPT | MAP | Q | SUB | SUP | SPAN | BDO">

formctrl(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % formctrl "INPUT | SELECT | TEXTAREA | LABEL | BUTTON">

・属性
id : HTMLドキュメント内の個々の要素をユニークに識別可能とする属性 class : スタイルシートのスタイルクラスを適用 style : インラインスタイルで、タグにスタイルを適用 title : 説明のためのタイトル lang : 言語コード dir : ブラウザが表示するテキストの方向 onclick : マウスのボタンをクリック(押した後すぐに放す)した場合にイベントが発生 ondblclick : マウスのボタンをダブルクリックした場合にイベントが発生 onmousedown : マウスのボタンを押した場合にイベントが発生 onmouseup : マウスのボタンを放した場合にイベントが発生 onmouseover : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内に進入した際にイベントが発生 onmousemove : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内を移動した際にイベントが発生 onmouseout : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域から離れた際にイベントが発生 onkeypress : キーボードのキーを押した後放された際にイベントが発生

cite
属性機能 : 編集を行った理由の情報が記述されたサイトのURL
省略時値 : IMPLIED

datetime
属性機能 : 編集した日時
省略時値 : IMPLIED

解説
日付と時刻の情報をISOのフォーマットで記述します。
YYYY-MM-DDThh:mm:ssTZD YYYY : "2006"年のように4桁の年 MM : "01 〜 12" の範囲の月 DD : "01 〜 31" の範囲の日 hh : "00 〜 23" の範囲の時間 mm : "00 〜 59" の範囲の分 ss : "00 〜 59" の範囲の秒 TZD : タイムゾーン指定 (Z または +hh:mm または -hh:mm) "Z"はローカルタイムゾーン、時・分はグリニッジ標準時からの差 ※ フォーマット中間部の記号"T"は時刻部分の始まりを示す。

DTD(注1)での記述

INS要素の属性定義
<!ATTLIST (INS|DEL) %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events -- cite %URI; #IMPLIED -- info on reason for change -- datetime %Datetime; #IMPLIED -- date and time of change -- >

URI(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % URI "CDATA" -- a Uniform Resource Identifier, see [URI] -->

Datetime(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Datetime "CDATA" -- date and time information. ISO date format -->

注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtd より引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。