Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - HTML(HyperText Markup Language) - <A>

・タグの機能
他のページへのリンクの作成のほか、同ページ内におけるリンク位置の指定に用いられます。

・構成
内容モデル宣言概要
任意選択 : #PCDATA
<TT><I><B><BIG><SMALL>
<EM><STRONG><DFN><CODE><SAMP><KBD><VAR><CITE><ABBR><ACRONYM>
<IMG><OBJECT><BR><SCRIPT><MAP><Q><SUB><SUP><SPAN><BDO>
<INPUT><SELECT><TEXTAREA><LABEL><BUTTON>

タグの省略
開始 → 不可
終了 → 不可

DTD(注1)での記述

A要素宣言
<!ELEMENT A - - (%inline;)* -(A) -- anchor -->

inline(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % inline "#PCDATA | %fontstyle; | %phrase; | %special; | %formctrl;">

fontstyle(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % fontstyle "TT | I | B | BIG | SMALL">

phrase(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % phrase "EM | STRONG | DFN | CODE | SAMP | KBD | VAR | CITE | ABBR | ACRONYM">

special(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % special "A | IMG | OBJECT | BR | SCRIPT | MAP | Q | SUB | SUP | SPAN | BDO">

formctrl(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % formctrl "INPUT | SELECT | TEXTAREA | LABEL | BUTTON">

・属性
id : HTMLドキュメント内の個々の要素をユニークに識別可能とする属性 class : スタイルシートのスタイルクラスを適用 style : インラインスタイルで、タグにスタイルを適用 title : 説明のためのタイトル lang : 言語コード dir : ブラウザが表示するテキストの方向 onclick : マウスのボタンをクリック(押した後すぐに放す)した場合にイベントが発生 ondblclick : マウスのボタンをダブルクリックした場合にイベントが発生 onmousedown : マウスのボタンを押した場合にイベントが発生 onmouseup : マウスのボタンを放した場合にイベントが発生 onmouseover : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内に進入した際にイベントが発生 onmousemove : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域内を移動した際にイベントが発生 onmouseout : マウスポインタが、属性が指定されたHTML要素の表示領域から離れた際にイベントが発生 onkeypress : キーボードのキーを押した後放された際にイベントが発生

charset
属性機能 : リンク先のキャラクタエンコーディング
省略時値 : IMPLIED

解説
[EUC-JP]などを指定する事となっているようですが、実際にIEで試してみた限りでは、この属性によるブラウザの動作は確認できておりません。

type
属性機能 : コンテンツのタイプ
省略時値 : IMPLIED

解説
リンク先コンテンツのMIMEエンコーディングタイプを通知します。

name
属性機能 : リンク到達地点指定
省略時値 : IMPLIED

解説
ページ上の任意のリンク到達地点を指定する際に利用します。

href
属性機能 : リンク先ドキュメントのURL
省略時値 : IMPLIED

hreflang
属性機能 : リンク先リソースの言語コード
省略時値 : IMPLIED

解説
言語コードは、主要コードおよびサブコードで構成
主要コードは[ISO639]の2文字コード。日本語は"ja"
詳細はW3Cの解説を参照

rel
属性機能 : [リンク元ドキュメント] → [リンク先ドキュメント]の関係を表す
省略時値 : IMPLIED

解説
リンク元ドキュメントから見たリンク先ドキュメントとの関係を表します。

rev
属性機能 : [リンク先ドキュメント] → [リンク元ドキュメント]の関係を表す
省略時値 : IMPLIED

解説
リンク先ドキュメントから見たリンク元ドキュメントとの関係を表します。

accesskey
属性機能 : 指定したキーによるリンクの起動
省略時値 : IMPLIED

解説
この属性で指定したキーと[alt]キーを同時に押すことによりリンク先に移動します

shape
属性機能 : マウス操作による影響が及ぶ領域の形状
省略時値 : rect(属性値指定)

解説
<a>タグでマウス操作による影響が及ぶ領域の形状を指定します。
rect : 四角形 circle : 円形 poly : 多角形 default : 対象領域全体

coords
属性機能 : マウス操作による影響が及ぶ領域のサイズ
省略時値 : IMPLIED

解説
<a>タグでマウス操作による影響が及ぶ領域のサイズを指定します。
rect : x1, y1, x2, y2, x3, y3, .... circle : x, y, 半径 poly : x1, y1, x2, y2

tabindex
属性機能 : [tab]キーを押した際にフォーカスの移動する順序
省略時値 : IMPLIED

解説
1以上の整数を指定することによりブラウザのフォーカスを移動させる順序を設定できます。
<A>タグだけではなく、オブジェクトに共通した設定となります。

onfocus
属性機能 : フォーカスを得た際にイベントが発生
省略時値 : IMPLIED

onblur
属性機能 : フォーカスが離れた際にイベントが発生
省略時値 : IMPLIED

DTD(注1)での記述

A要素の属性定義
<!ATTLIST A %attrs; -- %coreattrs, %i18n, %events -- charset %Charset; #IMPLIED -- char encoding of linked resource -- type %ContentType; #IMPLIED -- advisory content type -- name CDATA #IMPLIED -- named link end -- href %URI; #IMPLIED -- URI for linked resource -- hreflang %LanguageCode; #IMPLIED -- language code -- rel %LinkTypes; #IMPLIED -- forward link types -- rev %LinkTypes; #IMPLIED -- reverse link types -- accesskey %Character; #IMPLIED -- accessibility key character -- shape %Shape; rect -- for use with client-side image maps -- coords %Coords; #IMPLIED -- for use with client-side image maps -- tabindex NUMBER #IMPLIED -- position in tabbing order -- onfocus %Script; #IMPLIED -- the element got the focus -- onblur %Script; #IMPLIED -- the element lost the focus -- >

Charset(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Charset "CDATA" -- a character encoding, as per [RFC2045] -->

ContentType(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % ContentType "CDATA" -- media type, as per [RFC2045] -->

URI(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % URI "CDATA" -- a Uniform Resource Identifier, see [URI] -->

LanguageCode(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % LanguageCode "NAME" -- a language code, as per [RFC1766] -->

LinkTypes(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % LinkTypes "CDATA" -- space-separated list of link types -->

Character(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Character "CDATA" -- a single character from [ISO10646] -->

Shape(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Shape "(rect|circle|poly|default)">

Coords(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Coords "CDATA" -- comma-separated list of lengths -->

Script(引数実体参照) の実体宣言
<!ENTITY % Script "CDATA" -- script expression -->

・サンプルコード(1)
a_ex_2.htmlへの単純なリンクです。
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <TITLE>テスト</TITLE> <STYLE type="text/css"> <!-- body { font-family: serif; font-size: 14px } --> </STYLE> </HEAD> <BODY> <A href="a_ex_2.html">テスト</A> </BODY> </HTML>
・サンプルコード(2)
ページ内の任意箇所へのリンクです。
通常リンクのほか、[alt]キーと[1][2][3]のいずれかのキーを同時に押すことによりリンクが発生します。
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <TITLE>テスト</TITLE> <STYLE type="text/css"> <!-- body { font-family: serif; font-size: 14px } --> </STYLE> </HEAD> <BODY> <A href="a_ex_2.html#test_1" accesskey="1">リンク位置1へ</A><BR> <A href="a_ex_2.html#test_2" accesskey="2">リンク位置2へ</A><BR> <A href="a_ex_2.html#test_3" accesskey="3">リンク位置3へ</A><BR> <P style="line-height: 500px">&nbsp;</P> <A name="test_1">リンク位置1</A> <P style="line-height: 500px">&nbsp;</P> <A name="test_2">リンク位置2</A> <P style="line-height: 500px">&nbsp;</P> <A name="test_3">リンク位置3</A> <P style="line-height: 800px">&nbsp;</P> </BODY> </HTML>

注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtd より引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。