Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - HTML(HyperText Markup Language) - <META>

・タグの機能
ドキュメントに関する情報や、ブラウザなどで利用される一般追加情報を指定します。


・構成
内容モデル宣言概要
EMPTY

タグの省略
開始 → 不可
終了 → 無

DTD(注1)での記述

META要素宣言
<!ELEMENT META - O EMPTY -- generic metainformation -->


・属性
lang    : 言語コード
dir     : ブラウザが表示するテキストの方向

http-equiv
属性機能 : サーバレスポンスで送信されるHTTPヘッダ名
省略時値 : IMPLIED

解説
サーバがブラウザにドキュメントを送信する際、ヘッダに付ける名前と値を指定します。

name
属性機能 : タグで定義される情報の名前
省略時値 : IMPLIED

解説
name属性を定義しない場合、content属性の値は http-equiv属性に対応した値となります。

content
属性機能 : タグで定義される情報の値
省略時値 : REQUIRED

解説
この属性は、name属性、http-equiv属性のいずれかに対応した値となります。

scheme
属性機能 : タグで定義される情報の値を解釈する方法を指定する属性。
省略時値 : IMPLIED

解説
方法の定義は、<head>タグのprofile属性で指定されたプロファイル内に記述します。

DTD(注1)での記述

META要素の属性定義
<!ATTLIST META %i18n; -- lang, dir, for use with content -- http-equiv NAME #IMPLIED -- HTTP response header name -- name NAME #IMPLIED -- metainformation name -- content CDATA #REQUIRED -- associated information -- scheme CDATA #IMPLIED -- select form of content -- >


・サンプルコード
下のコードの場合、サーバからのドキュメントに、
Content-Type: text/html
というヘッダが付けられます。
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html"> <TITLE>テスト</TITLE> </HEAD> <BODY> テスト </BODY> </HTML>

注1)
DTD関連の記述はhttp://www.w3.org/TR/1999/REC-html401-19991224/strict.dtd より引用しています(着色部)。
上記のDTDが最新のものとは限りません。
最新版はhttp://www.w3.org/TR/html4/strict.dtdを確認してください。