Loose-Info.com
Last Update 2021/09/04
TOP - 各種テスト - gcc - 警告関連のオプション - -Winit-self

-Winit-self
変数自身により初期化されている身初期化の変数がある場合に警告を出力

テスト概要

その1
-Winit-selfと-Wuninitializedオプションを併用した場合の警告出力例

その2
-Winit-selfと-Wuninitializedの各オプションを単独で使用した場合の出力例

実行環境

GCC-8.2.0
GNU C Library 2.28
GNU Binutils 2.31.1


コード例・出力内容中の表記

・実行例中の太字表記部分は、コマンドなどの入力された文字列を示します。
・「」や「...」の着色省略表記は、 実際のソースコードや出力内容などを省略加工した部分を示します。

使用ファイル


sample.c
#include <stdio.h> int main(void) { /* 宣言・初期化していない変数を、変数自身で初期化 */ int i = i; double d = d; printf("%d %f\n", i, d); return 0; }

その1

-Winit-selfと-Wuninitializedオプションを併用した場合の警告出力例

オプション無しで実行した場合
$ gcc sample.c エラー・警告無し $

-Winit-selfと-Wuninitializedオプションを併用して実行
$ gcc -Wuninitialized -Winit-self sample.c sample.c: In function ‘main’: sample.c:6:6: warning: ‘i’ is used uninitialized in this function [-Wuninitialized] int i = i; ^ sample.c:7:9: warning: ‘d’ is used uninitialized in this function [-Wuninitialized] double d = d; ^ $ 上記警告2件ともに[-Wuninitialized]としての出力

その2

-Winit-selfと-Wuninitializedの各オプションを単独で使用した場合の出力例

-Winit-selfオプションを単独指定して実行
$ gcc -Winit-self sample.c エラー・警告無し $

-Wuninitializedオプションを単独指定して実行
$ gcc -Wuninitialized sample.c エラー・警告無し $