Loose-Info.com
Last Update 2021/08/13
TOP - 各種テスト - gcc - 警告関連のオプション - -Wnonnull

-Wnonnull
nonnull属性が設定されている関数の引数にnullポインタを渡した場合に警告を出力

テスト概要

その1
-Wnonnullオプションを使用したコンパイル時の警告出力例

その2
-Wall、-Wformatの各オプションを使用した場合の-Wnonnullに関する警告出力例

実行環境

GCC-8.2.0
GNU C Library 2.28
GNU Binutils 2.31.1


コード例・出力内容中の表記

・実行例中の太字表記部分は、コマンドなどの入力された文字列を示します。
・「」や「...」の着色省略表記は、 実際のソースコードや出力内容などを省略加工した部分を示します。

使用ファイル


sample.c
#include <stdio.h> #include <stdlib.h> /* nonnull属性を指定して宣言 */ int sampFunc1(char *c) __attribute__((nonnull)); int sampFunc2(char *c); int sampFunc1(char *c) { printf("[1] %s\n", c); return 0; } int sampFunc2(char *c) { printf("[2] %s\n", c); return 0; } int main(void) { char c[10] = "sample"; char *cptr; sampFunc1(c); sampFunc2(c); /* 引数がnullポインタの場合 */ sampFunc1(NULL); sampFunc2(NULL); /* 引数がnullポインタを代入したポインタの場合 */ cptr = NULL; sampFunc1(cptr); sampFunc2(cptr); return 0; }

その1

-Wnonnullオプションを使用したコンパイル時の警告出力例

オプション無しで実行
$ gcc sample.c エラー・警告無し $ ./a.out [1] sample [2] sample [1] (null) [2] (null) [1] (null) [2] (null) $

-Wnonnullオプションを指定して実行
$ gcc -Wnonnull sample.c sample.c: In function ‘main’: sample.c:32:2: warning: null argument where non-null required (argument 1) [-Wnonnull] sampFunc1(NULL); 「non-nullを必要とするところにnullの引数」の警告 ^~~~~~~~~ $

その2

-Wall、-Wformatの各オプションを使用した場合の-Wnonnullに関する警告出力例

-Wallオプションを指定して実行
$ gcc -Wall sample.c sample.c: In function ‘main’: sample.c:32:2: warning: null argument where non-null required (argument 1) [-Wnonnull] sampFunc1(NULL); -Wallに-Wnonnullが含まれるため-Wnonnullに関する警告を出力 ^~~~~~~~~ $

-Wformatオプションを指定して実行
$ gcc -Wformat sample.c sample.c: In function ‘main’: sample.c:32:2: warning: null argument where non-null required (argument 1) [-Wnonnull] sampFunc1(NULL); -Wformatに-Wnonnullが含まれるため-Wnonnullに関する警告を出力 ^~~~~~~~~ $

-Wformatと-Wno-nonnullオプションを同時に指定して実行
$ gcc -Wall -Wno-nonnull sample.c エラー・警告無し $ -Wno-nonnullにより-Wnonnullの警告を無効化