Loose-Info.com

Last Update 2021/01/13


TOP - 各種テスト - gcc - -std= - gnu11

-std=gnu11
言語標準をgnu11としてコンパイル

テスト概要

匿名構造体、typeofを使用したコードをコンパイル
-std=オプションに gnu99 を指定してコンパイル実行
WARNING 警告のみでコンパイル終了・実行ファイル生成
-std=オプションに gnu11 を指定してコンパイル実行
PASS コンパイル終了・実行ファイル生成

実行環境

GCC-8.2.0
GNU C Library 2.28
GNU Binutils 2.31.1


コード例・出力内容中の表記

・実行例中の太字表記部分は、コマンドなどの入力された文字列を示します。
・「」や「...」の着色省略表記は、 実際のソースコードや出力内容などを省略加工した部分を示します。

使用ファイル


sample.h
/* -std=gnu11 オプション動作確認用ヘッダファイル */ #ifndef SAMPLE_H #define SAMPLE_H int sampFunc(int n); #endif /* SAMPLE_H */

main.c
/* -std=gnu11 オプション動作確認用ソースファイル main.c */ #include <stdio.h> #include "sample.h" int main(void) { int i; typeof (int *) p; /* typeofの使用 */ i = 100; p = &i; int n = sampFunc(3); printf("n = %d\n", n); printf("*p = %d\n", *p); return 0; }

sample.c
/* -std=gnu11 オプション動作確認用ソースファイル sample.c */ #include <stdio.h> #include "sample.h" int sampFunc(int n) { struct { struct {int i1, i2;}; /* 匿名構造体 */ } sx; sx.i1 = n * 2; sx.i2 = n * 3; printf("sx.i1 = %d : sx.i2 = %d\n", sx.i1, sx.i2); return n; }

動作テスト


-std=オプションに gnu99 を指定してコンパイル実行
$ gcc -v -std=gnu99 -Wpedantic sample.c main.c <--- -WpedanticオプションでISO C で要求される警告を出力 Using built-in specs. /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -quiet -v sample.c ... -std=gnu99 ... GNU C99 (GCC) version 8.2.0 (x86_64-pc-linux-gnu) compiled by GNU C version 8.2.0, GMP version 6.1.2, MPFR version 4.0.1, MPC version 1.1.0, isl version none sample.c: In function ‘sampFunc’: sample.c:10:23: warning: ISO C99 doesn’t support unnamed structs/unions [-Wpedantic] struct {int i1, i2;}; 匿名構造体に関する警告 ^ sample.c:8:2: warning: struct has no named members [-Wpedantic] struct ^~~~~~ COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-std=gnu99' '-Wpedantic' '-mtune=generic' '-march=x86-64' as -v --64 -o /tmp/cczPircP.o /tmp/ccEsAgL5.s /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -quiet -v main.c ... -std=gnu99 ... as -v --64 -o /tmp/ccGEFlOz.o /tmp/ccEsAgL5.s /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/collect2 ... COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-std=gnu99' '-Wpedantic' '-mtune=generic' '-march=x86-64' $ ./a.out sx.i1 = 6 : sx.i2 = 9 n = 3 *p = 100 $ 警告のみでコンパイル終了・実行ファイル生成

-std=オプションに gnu11 を指定してコンパイル実行
$ gcc -v -std=gnu11 -Wpedantic sample.c main.c <--- -WpedanticオプションでISO C で要求される警告を出力 Using built-in specs. /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -quiet -v sample.c ... -std=gnu11 ... GNU C11 (GCC) version 8.2.0 (x86_64-pc-linux-gnu) compiled by GNU C version 8.2.0, GMP version 6.1.2, MPFR version 4.0.1, MPC version 1.1.0, isl version none as -v --64 -o /tmp/ccawgPX9.o /tmp/ccPE33vm.s /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -quiet -v main.c ... -std=gnu11 ... as -v --64 -o /tmp/ccdMFcwX.o /tmp/ccPE33vm.s /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/collect2 ... COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-std=gnu11' '-Wpedantic' '-mtune=generic' '-march=x86-64' $ ./a.out sx.i1 = 6 : sx.i2 = 9 n = 3 *p = 100 $ コンパイル終了・実行ファイル生成