Loose-Info.com

Last Update 2020/09/24


TOP - 各種テスト - gcc - -xオプションの各種言語指定 - -x assembler-with-cpp

-x assembler-with-cpp

実行環境
GCC-8.2.0
GNU C Library 2.28
GNU Binutils 2.31.1

・実行例中の太字表記部分は、コマンドなどの入力された文字列を示します。
・「」や「...」の着色省略表記は、 実際のソースコードや出力内容などを省略加工した部分を示します。

使用ファイル

sample.c
/* -x オプション動作確認用ソースファイル */ #include int main(void) { printf("-x オプション動作確認用ソースファイル\n"); return 0; }

その1

言語指定を「-x assembler-with-cpp」として、プリプロセスが必要なファイルをコンパイル

テスト用アセンブラファイルの生成
$ ls -l total 4 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 190 *** ** **:** sample.c $ gcc -v -S sample.c <--- アセンブル直前で停止させるためSオプションでコンパイル Using built-in specs. /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -quiet -v sample.c ... -o sample.s COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-S' '-mtune=generic' '-march=x86-64' <--- アセンブル以降の処理は未実施 $ ls -l total 8 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 190 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 634 *** ** **:** sample.s <--- 作成されたアセンブラファイル $

sample.s(生成されたアセンブラファイル)
.file "sample.c" .text .section .rodata .align 8 .LC0: .string "-x \343\202\252\343\203\227\343\202\267\343\203\247\343\..." .text .globl main .type main, @function main: .LFB0: .cfi_startproc pushq %rbp .cfi_def_cfa_offset 16 .cfi_offset 6, -16 movq %rsp, %rbp .cfi_def_cfa_register 6 movl $.LC0, %edi call puts movl $0, %eax popq %rbp .cfi_def_cfa 7, 8 ret .cfi_endproc .LFE0: .size main, .-main .ident "GCC: (GNU) 8.2.0" .section .note.GNU-stack,"",@progbits

sample.sの以下の箇所を変更して、sample2.sとして保存
(1) 1行目として追加 #define TESTSTR "\343\202\252\343\203\227\343\202\267\343\203\247\343\203\263" (2) 6行目を変更 .string TESTSTR

言語指定を「-x assembler-with-cpp」としてコンパイル
$ ls -l total 12 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 515 *** ** **:** sample2.s -rw-r--r-- 1 ****** ******** 190 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 517 *** ** **:** sample.s $ gcc -v -x assembler-with-cpp sample2.s Using built-in specs. /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -E -lang-asm -quiet -v sample2.s ... -o /tmp/cclWnYx0.s ^^^ sample2.sのコンパイル as -v --64 -o /tmp/ccKxH6bL.o /tmp/cclWnYx0.s /usr/libexec/c/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/collect2 ... COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-mtune=generic' '-march=x86-64' $ ls -l total 32 -rwxr-xr-x 1 ****** ******** 18328 *** ** **:** a.out <--- アセンブラファイルから実行ファイルを生成 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 515 *** ** **:** sample2.s -rw-r--r-- 1 ****** ******** 190 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 517 *** ** **:** sample.s $ ./a.out -x オプション <--- プリプロセッサで定義した文字列を出力 $

その2

言語指定を「-x assembler-with-cpp」として、プリプロセスが不要なファイルをコンパイル

コンパイル結果
$ ls -l total 12 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 515 *** ** **:** sample2.s -rw-r--r-- 1 ****** ******** 190 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 devusr devgroup 634 Sep 24 13:45 sample.s $ gcc -v -x assembler-with-cpp sample.s Using built-in specs. /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/cc1 -E -lang-asm -quiet -v sample.s ... -o /tmp/ccEqqOPp.s ^^^ sample.sのコンパイル as -v --64 -o /tmp/ccogiGal.o /tmp/ccEqqOPp.s /usr/libexec/gcc/x86_64-pc-linux-gnu/8.2.0/collect2 ... COLLECT_GCC_OPTIONS='-v' '-mtune=generic' '-march=x86-64' $ ls -l total 32 -rwxr-xr-x 1 ****** ******** 18328 *** ** **:** a.out <--- アセンブラファイルから実行ファイルを生成 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 515 *** ** **:** sample2.s -rw-r--r-- 1 ****** ******** 190 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 634 *** ** **:** sample.s $ ./a.out -x オプション動作確認用ソースファイル <--- sample.sの出力内容 $