Loose-Info.com

Last Update 2020/09/10


TOP - 各種テスト - gcc - ファイル名の拡張子によるコンパイラの動作 - h

ファイル名の拡張子が「.h」であるときのコンパイラの動作・挙動

実行環境
GCC-8.2.0
GNU C Library 2.28
GNU Binutils 2.31.1

・実行例中の太字表記部分は、コマンドなどの入力された文字列を示します。
・「」や「...」の着色省略表記は、 実際のソースコードや出力内容などを省略加工した部分を示します。

使用ファイル

各例共通

sample.h
/* 拡張子「.h」の場合の動作確認用ヘッダファイル */ #ifndef SAMPLE_H #define SAMPLE_H #define TEST_FLG 1 struct Samp { int nsamp1; int nsamp2; }; int sampFunc(struct Samp s); #endif /* SAMPLE_H */

sample.c
/* 拡張子「.h」の場合の動作確認用ソースファイル sample.c */ #include "sample.h" int sampFunc(struct Samp s) { return s.nsamp1 + s.nsamp2 + TEST_FLG; }

main.c
/* 拡張子「.h」の場合の動作確認用ソースファイル main.c */ #include "sample.h" #include <stdio.h> int main(void) { struct Samp smp; smp.nsamp1 = 1; smp.nsamp2 = 2; int n = sampFunc(smp); printf("n = %d\n", n); printf("TEST_FLG = %d\n", TEST_FLG); return 0; }

その1

拡張子が「.h」であるファイルのコンパイルと、生成されたファイルを利用したソースファイルのコンパイル

コンパイル実行結果
$ ls -l total 12 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 293 *** ** **:** main.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 176 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 225 *** ** **:** sample.h $ gcc sample.h コンパイルを実行 $ ls -l total 1748 -rw-r--r-- 1 ****** ******** 293 *** ** **:** main.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 176 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 225 *** ** **:** sample.h -rw-r--r-- 1 ****** ******** 1774000 *** ** **:** sample.h.gch <--- プリコンパイル済みヘッダー $

プリコンパイル済みヘッダとの判別のため、sample.hの内容の書き換え
#define TEST_FLG 2 <--- 「1」を「2」に書き換え

ソースファイルのコンパイルを実行
$ gcc main.c sample.c $ ls -l total 1768 -rwxr-xr-x 1 ****** ******** 18392 *** ** **:** a.out -rw-r--r-- 1 ****** ******** 293 *** ** **:** main.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 176 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 225 *** ** **:** sample.h -rw-r--r-- 1 ****** ******** 1774000 *** ** **:** sample.h.gch $ ./a.out n = 4 <--- 「sample.h.gch」を利用してコンパイルされている事を示す値 TEST_FLG = 1 <--- 上記の値と同じく、「sample.h.gch」の値で置換されている $

その2

プリプロセッサの記述順序によるヘッダファイル選択に関する挙動の違い

上記の「その1」実行後の状態で、「main.c」の内容を書き換え(下記コードは書き換え後)
#include <stdio.h> <--- 上下逆に書き換え #include "sample.h" <---

ソースファイルのコンパイルを実行
$ gcc main.c sample.c $ ls -l total 1768 -rwxr-xr-x 1 ****** ******** 18392 *** ** **:** a.out -rw-r--r-- 1 ****** ******** 293 *** ** **:** main.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 176 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 225 *** ** **:** sample.h -rw-r--r-- 1 ****** ******** 1774000 *** ** **:** sample.h.gch $ ./a.out n = 4 <--- 「sample.c」は「sample.h.gch」を利用してコンパイル TEST_FLG = 2 <--- 「main.c」は「sample.h」を利用してコンパイル $

その3

プリプロセッサの記述順序によるヘッダファイの検索挙動

上記の「その2」実行後の状態で、「sample.h」を削除し、コンパイルを実行
$ rm -frv sample.h removed 'sample.h' $ ls -l total 1764 -rwxr-xr-x 1 ****** ******** 18392 *** ** **:** a.out -rw-r--r-- 1 ****** ******** 293 *** ** **:** main.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 176 *** ** **:** sample.c -rw-r--r-- 1 ****** ******** 1774000 *** ** **:** sample.h.gch $ gcc main.c sample.c main.c:4:10: fatal error: sample.h: No such file or directory #include "sample.h" <--- 「sample.h」が見つけられないことによるエラー ^~~~~~~~~~ compilation terminated. $

「main.c」の内容を再度書き換え(下記コードは書き換え後)
#include "sample.h" <--- 再度上下逆に書き換え #include <stdio.h> <---

ソースファイルのコンパイルを実行
$ gcc sample.c main.c $ ./a.out n = 4 <--- 「sample.c」は「sample.h.gch」を利用してコンパイル TEST_FLG = 1 <--- 「main.c」も「sample.h.gch」を利用してコンパイル $