Loose-Info.com

Last Update 2019/03/24


TOP - Unix系OS - FreeBSD - newfs(8)

ファイルシステムを作成します。

newfs オプション1 名前1 オプション1(任意) -O 値1 ファイルシステムのフォーマットを指定する値 1 : UFS1 2 : UFS2(デフォルト) ※その他オプション多数有り 名前1(必須) ファイルシステムを作成する特殊ファイル(manページ上の表現を引用)

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はFreeBSD 9.1です。また、実行例はデバイスとして8GBのUSBメモリーを使用しています。

(例) オプション -O
# newfs -O 1 /dev/da0p1

実行前(出力部分は灰色表示)
# gpart show -p da0 => 34 15663037 da0 GPT (7.5G) 34 204800 da0p1 freebsd-ufs (100M) 204834 409600 da0p2 freebsd-ufs (200M) 614434 614400 da0p3 freebsd-ufs (300M) 1228834 819200 da0p4 freebsd-ufs (400M) 2048034 1024000 da0p5 freebsd-ufs (500M) 3072034 12591037 - free - (6.0G) # mount /dev/da0p1 /mnt/usbmem mount: /dev/da0p1: Invalid argument ← ファイルシステム未作成のためmount不可

実行結果(出力部分は灰色表示)
# newfs -O 1 /dev/da0p1 ← UFS1フォーマットによりファイルシステム作成 /dev/da0p1: 100.0MB (204800 sectors) block size 32768, fragment size 4096 using 4 cylinder groups of 25.03MB, 801 blks, 3328 inodes. super-block backups (for fsck_ffs -b #) at: 64, 51328, 102592, 153856 # mount /dev/da0p1 /mnt/usbmem # mount /dev/ada0p2 on / (ufs, local, journaled soft-updates) devfs on /dev (devfs, local, multilabel) /dev/da0p1 on /mnt/usbmem (ufs, local) ← mount完了