Loose-Info.com

Last Update 2019/12/26


TOP - Unix系OS - FreeBSD - man(1)

マニュアルページを表示します。

man オプション1 値1 名前1 オプション1(任意) -f whatis(1)と同じ(whatis文書データベースで完全一致検索) -k apropos(1)と同じ(whatis文書データベースで検索) 値1(任意) マニュアルセクション 1 ユーザーコマンド 2 システムコール 3 ライブラリ関数 4 特殊ファイル 5 ファイル形式 6 ゲーム 7 その他 8 管理用コマンド 名前1(必須) コマンド名

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はFreeBSD 9.1です。

(例) オプション無し マニュアルセクション指定無し
$ man ls

実行結果
LS(1) FreeBSD General Commands Manual LS(1) NAME ls -- list directory contents SYNOPSIS ls [-ABCFGHILPRSTUWZabcdfghiklmnopqrstuwx1] [-D format] [file ...] DESCRIPTION --More--(byte 345)

(例) -f オプション
実行結果
$ man -f whatis apropos(1), whatis(1) - keyword search whatis documentation databases makewhatis(1) - create whatis database

(例) -k オプション
実行結果
$ man -k what apropos(1), whatis(1) - keyword search whatis documentation databases makewhatis(1) - create whatis database makewhatis.local(8), catman.local(8) - start makewhatis or catman for local file systems w(1) - display who is logged in and what they are doing what(1) - show what versions of object modules were used to construct a file