Loose-Info.com

Last Update 2019/03/24


TOP - Unix系OS - FreeBSD - gpart(8) - destroy

ディスク・パーティショニングGEOMクラスのための制御ユーティリティ
destroy : パーティショニングスキームの破壊

gpart destroy オプション1 名前1
オプション1(任意) -F パーティションが存在しても、強制的にパーティショニングスキームを破壊 名前1(必須) 破壊の対象となるパーティショニングスキームのGEOM名

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はFreeBSD 9.1です。また、実行例はデバイスとして8GBのUSBメモリーを使用しています。

(例) オプション無し
# gpart destroy da0

実行前(出力部分は灰色表示)
# gpart show da0 => 34 15663037 da0 GPT (7.5G) 34 15663037 - free - (7.5G)

実行結果(出力部分は灰色表示)
# gpart destroy da0 da0 destroyed # gpart show da0 gpart: No such geom: da0.

(例) オプション -F
# gpart destroy -F da0

実行前(出力部分は灰色表示)
# gpart show da0 => 34 15663037 da0 GPT (7.5G) 34 409600 1 freebsd-ufs (200M) 409634 15253437 - free - (7.3G)

実行結果(出力部分は灰色表示)
# gpart destroy da0 gpart: Device busy ← パーティションが存在するため削除不能 # gpart destroy -F da0 da0 destroyed ← 強制的に実行 # gpart show da0 gpart: No such geom: da0.

実行後のGUIDパーティションテーブルの状況
※事前に'0'の書き込み後、create → destroy を実行
000000000000 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................ 000000000010 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................ 000000000020 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................ : : 0000000043D0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................ 0000000043E0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................ 0000000043F0 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 00 ................ 000000004400 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 0000000000000000 000000004410 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 0000000000000000 000000004420 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 0000000000000000 : : 000000007FD0 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 0000000000000000 000000007FE0 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 0000000000000000 000000007FF0 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 30 0000000000000000