Loose-Info.com

Last Update 2019/12/26


TOP - Unix系OS - Linux - cfdisk(8)

パーティションの操作を行います。

fdisk オプション1 デバイス
オプション1(任意) -a : 選択中のパーティションの表示を反転色→矢印に変更 -v : バージョン関連の情報を表示 -z : パーティションテーブルを新規作成する(既存のテーブルを読み込まない) デバイス 操作の対象となるデバイスの名前

対話形式での操作メニュー(cfdiskのヘルプより引用) b カーソル上の領域のブートフラグの切替 d カーソル上の領域を削除 g シリンダ, ヘッダ, トラック当たりのセクタ数を変更 警告: このオプションが何をするものか理解していない人 は使用してはいけない。 h この画面を表示 m カーソル上の領域のディスク使用量を最大にする。 注意: このオプションは、DOS, OS/2 等と互換性のない 領域を作成する可能性があります。 n 空き領域から新規に領域を作成 p 領域情報を画面またはディスクに出力する 領域の出力には次のような複数の形式から選択 できる: r - 生データ(ディスクに書き込まれる情報そのもの) s - セクタ順のパーティション情報 t - 生の形式のパーティション情報 q 領域情報を書き込まずにプログラムを終了 t ファイルシステムタイプを変更 u 表示する領域サイズの単位を変更する MB, セクタ, シリンダの順に循環する W 領域情報をディスクに書き込む(大文字 W を 入力しなければならない)。このオプションはディスク上の データを破壊する可能性があるため、'yes'または'no'の入 力により、書き込みを行うかどうかを確認する。 上矢印キー 上の領域にカーソルを移動 下矢印キー 下の領域にカーソルを移動 CTRL-L 画面を再描画 ? この画面を表示 注意: コマンドはすべて大文字、小文字どちらでも使用できます(書き込みを除く)。

FSタイプ(cfdiskのFSタイプより引用) 01 FAT12 27 Hidden NTFS WinRE 82 Linux スワップ / C4 DRDOS/sec (FAT-16 02 XENIX root 39 Plan 9 83 Linux C6 DRDOS/sec (FAT-16) 03 XENIX usr 3C PartitionMagic 修 84 OS/2 隠し C: ド C7 Syrinx 04 FAT16 <32M 40 Venix 80286 85 Linux 拡張領域 DA 非 FS データ 05 拡張領域 41 PPC PReP Boot 86 NTFS ボリューム DB CP/M / CTOS / ... 06 FAT16 42 SFS 87 NTFS ボリューム DE Dell ユーティリ 07 HPFS/NTFS/exFAT 4D QNX4.x 88 Linux プレーン DF BootIt 08 AIX 4E QNX4.x 2nd part 8E Linux LVM E1 DOS access 09 AIX ブート可能 4F QNX4.x 3rd part 93 Amoeba E3 DOS R/O 0A OS/2 ブートマネ 50 OnTrack DM 94 Amoeba BBT E4 SpeedStor 0B W95 FAT32 51 OnTrack DM6 Aux1 9F BSD/OS EB BeOS fs 0C W95 FAT32 (LBA) 52 CP/M A0 IBM Thinkpad ハイ EE GPT 0E W95 FAT16 (LBA) 53 OnTrack DM6 Aux3 A5 FreeBSD EF EFI (FAT-12/16/32) 0F W95 拡張領域 (LB 54 OnTrackDM6 A6 OpenBSD F0 Linux/PA-RISC ブー 10 OPUS 55 EZ-Drive A7 NeXTSTEP F1 SpeedStor 11 隠し FAT12 56 Golden Bow A8 Darwin UFS F4 SpeedStor 12 Compaq 診断 5C Priam Edisk A9 NetBSD F2 DOS セカンダリ 14 隠し FAT16 <32M 61 SpeedStor AB Darwin ブート FB VMware VMFS 16 隠し FAT16 63 GNU HURD または S AF HFS / HFS+ FC VMware VMKCORE 17 隠し HPFS/NTFS 64 Novell Netware 286 B7 BSDI fs FD Linux raid 自動検 18 AST SmartSleep 65 Novell Netware 386 B8 BSDI スワップ FE LANstep 1B 隠し W95 FAT32 70 DiskSecure Multi-Boo BB 隠し Boot Wizard FF BBT 1C 隠し W95 FAT32 (LB 75 PC/IX BE Solaris ブート 1E 隠し W95 FAT16 (LB 80 古い Minix BF Solaris 24 NEC DOS 81 Minix / 古い Linux C1 DRDOS/sec (FAT-12)

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はUbuntu 12.10です。また、実行例はデバイスとして8GBのUSBメモリーを使用しています。

(例) オプション無し
$ sudo cfdisk /dev/sdb

操作メニュー表示
cfdisk (util-linux 2.20.1) ディスクドライブ: /dev/sdb サイズ: 8019509248 バイト, 8019 MB ヘッド: 247 トラック当たりのセクタ: 62 シリンダ: 1022 名前 フラグ パーティショ FSタイプ [ラベル] サイズ (MB) ---------------------------------------------------------------------------------------------- sdb1 基本領域 Linux 3998.80 sdb2 基本領域 Linux 4020.72 * [ブート可] [ 削除 ] [ヘルプ ] [最大化 ] [ 表示 ] [ 終了 ] [FSタイプ] [ 単位 ] [書き込み] パーティション情報を書き込まずにプログラムを終了

(例) オプション -a
$ sudo cfdisk -a /dev/sdb

操作メニュー表示
cfdisk (util-linux 2.20.1) ディスクドライブ: /dev/sdb サイズ: 8019509248 バイト, 8019 MB ヘッド: 247 トラック当たりのセクタ: 62 シリンダ: 1022 名前 フラグ パーティショ FSタイプ [ラベル] サイズ (MB) ---------------------------------------------------------------------------------------------- --> sdb1 ← 矢印で表示 基本領域 Linux 3998.80 sdb2 基本領域 Linux 4020.72 * [ブート可] [ 削除 ] [ヘルプ ] [最大化 ] [ 表示 ] [ 終了 ] [FSタイプ] [ 単位 ] [書き込み] パーティション情報を書き込まずにプログラムを終了

(例) オプション -v
$ cfdisk -v

実行結果
cfdisk (util-linux 2.20.1) Copyright (C) 1994-2002 Kevin E. Martin & aeb

(例) オプション -z
$ sudo cfdisk -z /dev/sdb

開始前のパーティションテーブルの状態
名前 フラグ パーティショFSタイプ [ラベル] サイズ (MB) ---------------------------------------------------------------------------------------- sdb1 基本領域 Linux 1999.40 sdb2 基本領域 Linux 6020.12 *

オプション -zにて起動時の表示
名前 フラグ パーティショFSタイプ [ラベル] サイズ (MB) ---------------------------------------------------------------------------------------- 基本/論理 空き領域 8019.51 *

--- 対話形式の操作に関しては省略 ---