Loose-Info.com

Last Update 2019/03/24


TOP - Unix系OS - FreeBSD - bsdlabel(8)

BSDラベルの読み書きを行います。(root権限)
※不明点多く、利用実績無いため、実行テストの記述となります。

bsdlabel オプション1 ディスク bsdlabel オプション1 -f ファイルパス1
※書き込みの際は最後尾にドライブのタイプの指定も可能
オプション1(任意) 無し : ラベルを表示 -A : BSDラベルの歴史的な要素の処理を有効にする -w : 標準的なラベルの書き込み -e : ディスクのセクター0を初期化、編集 ディスク 操作の対象となるディスクの名前 ファイルパス1 操作の対象となるファイルのパス

※ オプションなどは個人的に重要と考えられるものを記述しており、記載の無いものは、manページや関連書籍などを参照願います。
※ 実行例の記述は、不要と考えられる部分の削除などの修正を行ったものを掲載しています。
※ 実行例の実行環境はFreeBSD 9.1です。また、実行例はデバイスとして8GBのUSBメモリーを使用しています。

(例) オプション無し
# bsdlabel da0s1

実行結果
# /dev/da0s1: 8 partitions: # size offset fstype [fsize bsize bps/cpg] a: 15647231 16 unused 0 0 c: 15647247 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit

(例) オプション -A
# bsdlabel -A da0s1

実行結果
# /dev/da0s1: type: unknown disk: amnesiac label: flags: bytes/sector: 512 sectors/track: 63 tracks/cylinder: 255 sectors/cylinder: 16065 cylinders: 973 sectors/unit: 15647247 rpm: 3600 interleave: 1 trackskew: 0 cylinderskew: 0 headswitch: 0 # milliseconds track-to-track seek: 0 # milliseconds drivedata: 0 8 partitions: # size offset fstype [fsize bsize bps/cpg] a: 15647231 16 unused 0 0 c: 15647247 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit

(例) オプション -w
# bsdlabel -w da0s1

実行結果(出力部分は灰色表示)
← manページ記載のコードを実施(一部変更箇所有り)
# dd if=/dev/zero of=/dev/da0 bs=512 count=32 32+0 records in 32+0 records out 16384 bytes transferred in 0.209670 secs (78142 bytes/sec) # fdisk -I -v /dev/da0 ******* Working on device /dev/da0 ******* fdisk: invalid fdisk partition table found parameters extracted from in-core disklabel are: cylinders=974 heads=255 sectors/track=63 (16065 blks/cyl) parameters to be used for BIOS calculations are: cylinders=974 heads=255 sectors/track=63 (16065 blks/cyl) Information from DOS bootblock is: 1: sysid 165 (0xa5),(FreeBSD/NetBSD/386BSD) start 63, size 15647247 (7640 Meg), flag 80 (active) beg: cyl 0/ head 1/ sector 1; end: cyl 973/ head 254/ sector 63 2: <UNUSED> 3: <UNUSED> 4: <UNUSED> # dd if=/dev/zero of=/dev/da0s1 bs=512 count=32 32+0 records in 32+0 records out 16384 bytes transferred in 0.208555 secs (78560 bytes/sec) # bsdlabel -w da0s1 # bsdlabel da0s1 # /dev/da0s1: 8 partitions: # size offset fstype [fsize bsize bps/cpg] a: 15647231 16 unused 0 0 c: 15647247 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit

(例) オプション -e
# bsdlabel -e da0s1

編集前
# bsdlabel da0s1 # /dev/da0s1: 8 partitions: # size offset fstype [fsize bsize bps/cpg] a: 15647231 16 unused 0 0 c: 15647247 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit

実行時編集画面(オプション-wの例をそのまま利用)
# /dev/da0s1: 8 partitions: # size offset fstype [fsize bsize bps/cpg] a: 15647231 16 4.2BSD 0 0 ← 情報の編集を行う(vi操作) c: 15647247 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit ~ ~ ~

編集後
# bsdlabel da0s1 # /dev/da0s1: 8 partitions: # size offset fstype [fsize bsize bps/cpg] a: 15647231 16 4.2BSD 0 0 0 c: 15647247 0 unused 0 0 # "raw" part, don't edit