Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - Perl - 演算子 - 等値演算子

等値演算子には数値比較用と文字列比較用の2種類があります。
比較結果が真の場合は1、偽の場合は""を返します。

数値比較用
== : 左辺値と右辺値が等しい != : 左辺値と右辺値が等しくない <=> : 返す値が右辺と左辺の状況により3種類となる 左辺値より右辺値が大きい場合 -1 左辺値より右辺値が小さい場合 1 左辺値と右辺値が等しい場合 0

文字列比較用(ASCIIコード比較)
eq : 左辺の文字列と右辺の文字列が等しい ne : 左辺の文字列と右辺の文字列が等しくない cmp : 返す値が右辺と左辺の状況により3種類となる 左辺の文字列より右辺の文字列の方が大きい場合 -1 左辺の文字列より右辺の文字列の方が小さい場合 1 左辺の文字列と右辺の文字列が等しい場合 0

(例)
print "1 != 1 → "; if (1 != 1) {print "true"} else {print "false"} print "\n"; print "1 <=> 1 → " . (1 <=> 1) . "\n"; print "1 <=> 2 → " . (1 <=> 2) . "\n"; print "2 <=> 1 → " . (2 <=> 1) . "\n"; print '"1" eq "1" → '; if ("1" eq "1") {print "true"} else {print "false"} print "\n"; print '"1" ne "1" → '; if ("1" ne "1") {print "true"} else {print "false"} print "\n"; print '"1" cmp "1" → ' . ("1" cmp "1") . "\n"; print '"1" cmp "2" → ' . ("1" cmp "2") . "\n"; print '"2" cmp "1" → ' . ("2" cmp "1") . "\n";

実行結果
1 == 1 → true 1 != 1 → false 1 <=> 1 → 0 1 <=> 2 → -1 2 <=> 1 → 1 "1" eq "1" → true "1" ne "1" → false "1" cmp "1" → 0 "1" cmp "2" → -1 "2" cmp "1" → 1