Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - Perl - 関数 - splice

配列の要素に対する操作を行います。

戻り値1 = splice 変数1 , 値1

戻り値1
削除された配列の要素
変数1
操作の対象となる配列
値1
要素削除の基準位置となる数値。この数値以降の要素が削除される

戻り値1 = splice 変数1 , 値1 , 値2

戻り値1
削除された配列の要素
変数1
操作の対象となる配列
値1
要素削除の基準位置となる数値。この数値以降の要素が削除される
値2
削除する個数

戻り値1 = splice 変数1 , 値1 , 値2 , リスト値1

戻り値1
削除された配列の要素
変数1
操作の対象となる配列
値1
要素削除の基準位置となる数値。この数値以降の要素が削除される
値2
削除する個数
リスト値1
削除した要素の位置に挿入される要素を表すリスト値

(例)
@a_test = ("aa", "bb", "cc", "dd", "ee", "ff", "gg"); @a_ret = splice(@a_test, 5); print "結果 : @a_test\n"; print "削除 : @a_ret\n"; print "\n"; @a_ret = splice(@a_test, 1, 2); print "結果 : @a_test\n"; print "削除 : @a_ret\n"; print "\n"; @a_ret = splice(@a_test, 1, 1, ("hh", "ii")); print "結果 : @a_test\n"; print "削除 : @a_ret\n"; print "追加 : (\"hh\", \"ii\")\n";

実行結果
結果 : aa bb cc dd ee 削除 : ff gg 結果 : aa dd ee 削除 : bb cc 結果 : aa hh ii ee 削除 : dd 追加 : ("hh", "ii")