TOP - Perl - 関数 - return

サブルーチンやevalの実行を終了し、呼び出し元の実行へ戻します。
この際、引数で指定した値を返します。

return 式1
式1 : 呼び出し元へ戻る際に返す値

(例)
print "sub_1 = " . &sub_1(2) . "\n";

sub sub_1
{
    return ($_[0] * $_[0]);      # 引数の2乗を返す
}
実行結果
sub_1 = 4


Copyright(C) 2006-2018 CLAYPOT. All Rights Reserved.