TOP - Perl - 関数 - open

指定したファイルをオープンし、ファイルハンドルと関連付けます。

open ファイルハンドル , 式1
ファイルハンドル : オープンするファイルと関連付けるファイルハンドル
式1              : ファイル名を指定する文字列、またはファイル名を返す式
                   式1の先頭の文字によりオープンの方法を指定する(ファイル名のみは入力用)
                     <     : 入力用
                     >     : 出力用
                     >>    : 追加書き込み
                   上記の文字の前に + を追加すると入出力両用となる

(例)
open TESTOUT, ">test.txt" or die "error $!\n";          # 上書き出力用としてオープン
print TESTOUT "test\n";
close TESTOUT;

open TESTIN, "<test.txt" or die "error $!\n";           # 入力用としてオープン
while($s_test = <TESTIN>)
{
    print $s_test;
}
close TESTIN;

open TESTOUT, ">>test.txt" or die "error $!\n";         # 追加出力用としてオープン
print TESTOUT "test_add\n";
close TESTOUT;

print "\n";

open TESTINOUT, "+<test.txt" or die "error $!\n";       # 入出力両用としてオープン
while($s_test = <TESTINOUT>)
{
    print $s_test;
}
print TESTINOUT "test_in_out\n" or die "error $!\n";
close TESTINOUT;

print "\n";

open TESTIN, "<test.txt" or die "error $!\n";           # 入力用としてオープン
while($s_test = <TESTIN>)
{
    print $s_test;
}
close TESTIN;
実行結果
test

test
test_add

test
test_add
test_in_out


Copyright(C) 2006-2018 CLAYPOT. All Rights Reserved.