Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - Perl - 関数 - join

指定した文字(列)を区切り文字とする文字列を返します。

戻り値1 = join 式1 , リスト値1

戻り値1
式1で指定した文字(列)を間に挟みリスト値を連結した文字列
式1
リストを連結する際の区切り文字(列)
リスト値1
連結される文字列からなるリスト値

(例)
@a_test = ("aa", "bb", "cc"); # コンマで区切る print join("," , @a_test) . "\n"; # 空文字列の場合はリスト値を連結 print join("" , @a_test) . "\n"; # CSVデータの出力 print '"' . join('","' , @a_test) . '"' . "\n";

実行結果
aa,bb,cc aabbcc "aa","bb","cc"