TOP - Perl - 関数 - gmtime

time関数の返す値を、グリニッジ標準時での日時要素を格納したリスト値に変換します。

(戻り値1 , 戻り値2 , ... , 戻り値9) = gmtime 式1
戻り値1 : 秒
戻り値2 : 分
戻り値3 : 時
戻り値4 : 日
戻り値5 : 月(0〜11)
戻り値6 : 年(1900年からの年数)
戻り値7 : 曜日(日曜日 : 0 、月曜日 : 1 、 ... )
戻り値8 : 1月1日からの累計日数
戻り値9 : 夏時間(常に0)
式1     : timeが返す形式の時刻

(例)
@a_date = gmtime(time);
print gmtime(time) . "\n";
print "秒     : $a_date[0]\n";
print "分     : $a_date[1]\n";
print "時     : $a_date[2]\n";
print "日     : $a_date[3]\n";
print "月     : $a_date[4]\n";
print "年     : $a_date[5]\n";
print "曜日   : $a_date[6]\n";
print "累計日 : $a_date[7]\n";
print "夏時間 : $a_date[8]\n";
実行結果
Mon Dec 18 18:46:26 2006
秒     : 26
分     : 46
時     : 18
日     : 18
月     : 11
年     : 106
曜日   : 1
累計日 : 351
夏時間 : 0


Copyright(C) 2006-2018 CLAYPOT. All Rights Reserved.