Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - Window - setTimeout()

指定時間経過後に指定のコードを実行します。


戻り値1 = オブジェクト1 .setTimeout( 値1 , 値2 )

戻り値1
この関数の実行時のid
clearTimeout()に実行時のidを指定することで、処理を中止することが可能
オブジェクト1
対象となるWindowオブジェクト
値1
時間経過後に実行されるJavaScriptコード
値2
コードを実行するまでの指定遅延時間(ミリ秒)


(例)

<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- var w1; function btnclick() { w1 = window.open("", "", "height=150,width=200"); w1.moveTo(200,200); w1.document.write("2秒後に文字を追加します<br>\n"); w1.setTimeout("document.write('2秒後に閉じます');", 2000); w1.setTimeout("close();", 4000); } //--> </SCRIPT>