Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - RegExp - exec()

文字列と正規表現の比較のマッチを行い、マッチした場合は結果の配列を、マッチしない場合はnullを返します。
lastIndexプロパティは実行後も0にはなりません。


戻り値1 = 名前1 .exec( 値1 )

戻り値1
名前1のRegExpオブジェクトで、値1の文字列に関してマッチを行った結果となる配列
[0] : マッチした文字列
[1] : 1番目の部分文字列(マッチ結果)
[2] : 2番目の部分文字列(マッチ結果)



[n] : n番目の部分文字列(マッチ結果)

※ 部分文字列とは、正規表現内の"()"により区分された文字列

名前1
Stringオブジェクトの名前
値1
マッチを試みる文字列


(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; var d1 = new RegExp("([a-z]).([a-z])", "g"); var a1 = d1.exec("1a2b3c4d5e"); s += '1回目のマッチ結果 : d1.exec("1a2b3c4d5e") → ' + a1[0] + "\n"; s += '1回目のマッチ(部分文字列1) : ' + a1[1] + "\n"; s += '1回目のマッチ(部分文字列2) : ' + a1[2] + "\n"; s += 'lastIndexプロパティ : ' + d1.lastIndex + "\n"; var a2 = d1.exec("1a2b3c4d5e"); s += '2回目のマッチ結果 : d1.exec("1a2b3c4d5e") → ' + a2[0] + "\n"; s += '2回目のマッチ(部分文字列1) : ' + a2[1] + "\n"; s += '2回目のマッチ(部分文字列2) : ' + a2[2] + "\n"; s += 'lastIndexプロパティ : ' + d1.lastIndex + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>