Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - 正規表現 - プロパティ

パターンマッチ及び検索置換の処理方法を変更する際に、終端の "/" の後に付けて使用します。
複数の機能を組み合わせて利用することも可能です。

パターンマッチ・検索置換共通
i : 大文字小文字を区別しない g : 最初にマッチしたところで止めず、全てのマッチを試みる m : 対象文字列を全て複数行として処理する

(例1)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick1() { var s = ""; // パターンマッチ対象文字列 var s_regex = "test1test2test3Test4"; // プロパティ"i"がない場合 var a_reg = s_regex.match(/Test\d/); s += "/Test\\d/ にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; // プロパティ"i"がある場合 a_reg = s_regex.match(/Test\d/i); s += "/Test\\d/i にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>

(例2)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick2() { var s = ""; // パターンマッチ対象文字列 var s_regex = "test1test2test3Test4"; // プロパティ"g"がない場合 var a_reg = s_regex.match(/test\d/); s += "/test\\d/ にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; // プロパティ"g"がある場合 a_reg = s_regex.match(/test\d/g); s += "/test\\d/g にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>

(例3)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick3() { var s = ""; // パターンマッチ対象文字列 var s_regex = "test1test2\ntest3Test4"; // プロパティ"m"がない場合 var a_reg = s_regex.match(/^test3/); if (a_reg != null) { s += "/^test3/にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; } else { s += "/^test3/にマッチした文字列は無し\n"; } // プロパティ"m"がある場合 a_reg = s_regex.match(/^test3/m); s += "/^test3/m にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>