Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - 正規表現 - 選択肢

いくつかの選択肢はそれぞれ"|"によって区切られます。
パターンマッチの処理は最も左側で最初に合致した位置で停止します。

(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; // パターンマッチ対象文字列 var s_regex = "regular expression test"; // 3個の選択肢 var a_reg = s_regex.match(/relar|expess|test/); s += "/relar|expess|test/ にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; // 3個の選択肢 a_reg = s_regex.match(/regular|expess|test/); s += "/regular|expess|test/ にマッチした文字列 : " + a_reg.join() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>