Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - Math - ceil()

引数よりも大きい整数のうち一番小さい整数を返します。引数が整数の場合は引数と等しい値を返します。


戻り値1 = Math.ceil( 値1 )

戻り値1
値1よりも大きい整数のうち一番小さい整数
値1が整数の場合は値1と等しい値


(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; s += "ceil(5.25) : " + Math.ceil(5.25) + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>