TOP - JavaScript - Document - write()

ドキュメントに文字列を追加します。


オブジェクト1.write(値1 , 値2 , ...)

オブジェクト1 : Documentオブジェクト(通常は、window.document等)
値1, 値2, ... : 追加する文字列(値2以降は任意)
                コンマで区切った文字列は連続した文字列として追加される


(例)

<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    var w1;

    function btnclick()
    {
        w1 = window.open("", "", "height=150,width=300");
        w1.moveTo(200,300);
        w1.document.write("write()を実行すると文字列がドキュメントに追加されます。\n");
        w1.document.close();
        setTimeout("test1()", 5000);
        setTimeout("test2()", 10000);
        setTimeout("w1.close()", 13000);
    }

    function test1()
    {
        w1.document.write(
            "close()を実行した後にwrite()を実行すると、新規に文字列が追加されます。<br>\n");
        w1.document.write("次にclose()を実行するまでは前の文字列の後ろに追加されます。\n");
        w1.document.close();
    }

    function test2()
    {
        var x = 5;
        w1.document.write("コンマで", "区切った文字列は", "連続した文字列となります。", "<br>\n");
        w1.document.write("xは", x, "です。", "\n");
        w1.document.close();
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2018 CLAYPOT. All Rights Reserved.