TOP - JavaScript - Document - open()

ドキュメントを新規に開きます。
open()が実行されていない場合でも、write()等が実行された場合にはopen()が実行された場合と同様の結果となります。


オブジェクト1.open()

オブジェクト1 : フォーカスを放す対象となるDocumentオブジェクト

※ 引数が無い場合は[text/html]として開きます。


オブジェクト1.open(値1)

オブジェクト1 : Documentオブジェクト(通常は、window.document等)
値1           : 出力するMIME型を表す文字列
                    text/html, text/plain, 等


(例)

<SCRIPT type="text/javascript">
<!--
    var w1;

    function btnclick()
    {
        w1 = window.open("", "", "height=100,width=200");
        w1.moveTo(200,300);
        write_test("");
        setTimeout('write_test("text/html")', 2000);
        setTimeout('write_test("text/plain")', 4000);
        setTimeout('w1.close()', 6000);
    }

    function write_test(str)
    {
        if (str != "")
        {
            w1.document.open(str);
        }
        else
        {
            w1.document.open();
        }
        w1.document.write("引数は[" + str + "]<br>\n");
        w1.document.close();
    }
//-->
</SCRIPT>


Copyright(C) 2006-2018 CLAYPOT. All Rights Reserved.