Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - Date - UTC()

年、月、(以降任意)日、時、分、秒、ミリ秒からなる引数を、日付として解析します。
日付・時刻の値を解析した結果を、1970/01/01 00:00:00(UTC)からのミリ秒を表す数値で返します。
UTCはGMTと同じ時刻帯のため結果はGMTと同じになります。
プロトタイプのメソッドではないため、動的に生成されたオブジェクトからは呼び出されません。


戻り値1 = Date.UTC( 値1 , 値2 , (以降任意) 値3 , ... )

戻り値1
1970/01/01 00:00:00(UTC)から、値1の日付を表す文字列を解析した結果の日時までの、ミリ秒を表す数値
値1
年 0 〜 99 : 1900 〜 1999 100 〜 : 0100 〜
値2
月(0 〜 11)
値3[任意]
日(1 〜 31)
値4[任意]
値5[任意]
値6[任意]
値7[任意]
ミリ秒(1/1000秒)


(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; var n_utc = Date.UTC(2007, 10, 25, 0, 0, 0, 0); var d1 = new Date(n_utc); s += "2007/11/25[ミリ秒] = " + n_utc + "\n"; s += "2007/11/25[文字列] = " + d1.toString() + "\n"; s += "2007/11/01[7個の引数] = " + Date.UTC(2007, 10, 01, 0, 0, 0, 0) + "\n"; s += "2007/11/01[2個の引数] = " + Date.UTC(2007, 10) + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>