Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - Date - toTimeString()

Dateオブジェクトの保持する時刻部分を表す可読形式の文字列を返します。
文字列の内容は実行時次第で、至近の時刻帯の時刻となります。


戻り値1 = 名前1 .toTimeString()

戻り値1
名前1のオブジェクトの保持する時刻を表す可読形式の文字列
名前1
Dateオブジェクトの名前


(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; var d1 = new Date(0); var d2 = new Date(2007, 10, 25, 11, 11, 11); s += "オブジェクト[d1]の保持する日付 = " + d1.toTimeString() + "\n"; s += "オブジェクト[d2]の保持する日付 = " + d2.toTimeString() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>