Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - Date - toLocaleTimeString()

Dateオブジェクトの保持する時刻を、実行環境に合致した可読形式の文字列で返します。
文字列の内容は実行時次第で、至近の時刻帯の時刻となります。


戻り値1 = 名前1 .toLocaleTimeString()

戻り値1
名前1のオブジェクトの保持する時刻を表す、実行環境に合致した可読形式の文字列
名前1
Dateオブジェクトの名前


(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; var d1 = new Date(0); var d2 = new Date(2007, 10, 25); s += "オブジェクト[d1]の保持する日付 = " + d1.toLocaleTimeString() + "\n"; s += "オブジェクト[d2]の保持する日付 = " + d2.toLocaleTimeString() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>