Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - JavaScript - Array - splice()

配列の要素の削除・追加を行います。


値1 = 名前1 .splice( 値2 )

値1
削除された要素
名前1
配列の名称
値2
削除を開始する位置
以降全ての要素が削除される


値1 = 名前1 .splice( 値2 , 値3 )

値1
削除された要素
名前1
配列の名称
値2
削除を開始する位置
値3
削除する要素の個数


値1 = 名前1 .splice( 値2 , 値3 , 値4 , ... )

値1
削除された要素
名前1
配列の名称
値2
削除を開始する位置
値3
削除する要素の個数
値4, ...
値2の位置に追加する要素

(例)
<SCRIPT type="text/javascript"> <!-- function btnclick() { var s = ""; var a_1 = new Array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10); var a_2 = new Array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10); var a_3 = new Array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10); var a_4 = new Array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10); s += "a_1 splice(3)実行前 : " + a_1.toString() + "\n"; s += "a_1 splice(3)戻り値 : " + a_1.splice(3) + "\n"; s += "a_1 splice(3)実行後 : " + a_1.toString() + "\n"; s += "a_2 splice(2, 3)実行前 : " + a_2.toString() + "\n"; s += "a_2 splice(2, 3)戻り値 : " + a_2.splice(2, 3) + "\n"; s += "a_2 splice(2, 3)実行後 : " + a_2.toString() + "\n"; s += "a_3 splice(2, 3, 11, 12)実行前 : " + a_3.toString() + "\n"; s += "a_3 splice(2, 3, 11, 12)戻り値 : " + a_3.splice(2, 3, 11, 12) + "\n"; s += "a_3 splice(2, 3, 11, 12)実行後 : " + a_3.toString() + "\n"; alert(s); } //--> </SCRIPT>