Loose-Info.com

Last Update 2019/12/25


TOP - CSS1(Cascading Style Sheets, level 1) - セレクタの種類


(1) クラスによるセレクタ

タグ名の後にピリオドとクラス名を追加した形式で記述します。
スタイルをタグに適用する際は、タグのclass属性にクラス名を指定します。
タグ名を付けずにピリオドとクラス名のみで記述した場合は、スタイルを適用するタグの種類は限定されません。
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <TITLE>テスト</TITLE> <STYLE type="text/css"> <!-- P.color_red {color: red} P.color_blue {color: blue} .color_green {color: green} --> </STYLE> </HEAD> <BODY> <P class="color_red">ここは赤で表示されます</P> <P class="color_blue">ここは青で表示されます</P> <P class="color_green">ここは緑で表示されます<P> <H2 class="color_green">ここは緑で表示されます</H2> </BODY> </HTML>

(2) IDによるセレクタ

タグ名の後に#とタグのID属性の値を追加した形式で記述します。
スタイルをタグに適用する際は、タグのid属性にスタイルで定義をしたID属性の値を指定します。
タグ名を付けずに#とID属性の値のみで記述した場合は、スタイルを適用するタグの種類は限定されません。
クラスと違いIDは一つのタグに固有なものであるため、ドキュメント内での再利用ができません。
<HTML> <HEAD> <META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> <TITLE>テスト</TITLE> <STYLE type="text/css"> <!-- P#color_red {color: red} P#color_blue {color: blue} #color_green {color: green} --> </STYLE> </HEAD> <BODY> <P id="color_red">ここは赤で表示されます</P> <P id="color_blue">ここは青で表示されます</P> <H2 id="color_green">ここは緑で表示されます</H2> </BODY> </HTML>