Loose-Info.com

Last Update 2019/12/24


TOP - C言語 - 演算子 - 単項+ ー

単項−は符号を反転させます。
単項+はそのままの符号となります。

(例)
#include <stdio.h> int main () { int n1 = 10; float f1 = 2.0; /* 演算子無し */ printf("%d\n", n1); printf("%3.1f\n", f1); /* 単項+ */ printf("%d\n", +n1); printf("%3.1f\n", +f1); /* 単項ー */ printf("%d\n", -n1); printf("%3.1f\n", -f1); return 0; }

実行結果
10 2.0 10 2.0 -10 -2.0